チケット売り切れ間近!

[10/11] DESIGN for Innovation 2018

~ デザインが次の経営を創り出す ~

アメリカ西海岸で主要とされている経営にデザインを取り入れた新たなビジネス戦略を学ぶカンファレンス

space

「DESIGN for Innovation」はビジネスシーンにおけるデザインの重要性を企業の経営者層に向けて発信するためのイベントです。今年で3年目を迎える本イベントでは、アメリカで急成長中のスタートアップや、国内でイノベーティブな取り組みをしている企業に各社の事例をお話し頂き、ご参加頂く皆様には新たなサービス開発におけるケーススタディやインサイトを学んで頂けます。(2017年の様子はこちらよりご覧頂けます) space

■ 2018年のスピーカー

DFI 2018 Speakers DFI 2018 Speakers DFI 2018 Speakers

■ イベント概要
開催日程: 2018年10月11日(木)13:30〜20:00 (懇親会含)  
会場名: FiNC有楽町 
開催地: 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル7階 
チケット販売期間: 2018年9月10日(月)〜 2018年10月8日(月) 12:00 (売り切れ次第終了) 
主催企業: btrax, Inc. / ビートラックスジャパン合同会社 

space

■ 対象者(200名限定)
・デザインを活用した経営戦略に関心のある企業の経営者及び幹部 
・グローバル展開を目指す日本のスタートアップに関心のある企業の経営者及び幹部 
・デザインを活用したイノベーション創出に関心のある新規事業の開発責任者 

space

■ プログラム詳細

13:40〜13:50

『イノベーションを生み出す10の経営メソッド』

イノベーションを生み出すために必要なこと、それはユーザーが求めるニーズを素早いスピードでキャッチし、優れたユーザー体験を設計することです。本キーノートスピーチでは、btraxのCEO, Brandon K. Hillが「イノベーションを生み出すために必要な経営メソッド」というテーマで経営とデザインの深い関わりについてお話致します。

-Brandon K. Hill / btrax, Inc. Founder & CEO

space

13:55〜14:35

『デザイン経営の未来 -企業成長におけるデザインの役割-』

「デザイン経営の未来」というテーマで、今後日本企業が成長を遂げる際に必要となるデザイン活用やデザインの役割がどのように変化していくのかについて、世界で活躍するデザインファームTakram 田川氏、株式会社グッドパッチ 土屋氏と一緒にディスカッションしていきます。

-田川 欣哉氏 / Takram 代表取締役

-土屋 尚史氏 / 株式会社グッドパッチ 代表取締役社長/CEO

-Brandon K. Hill / btrax, Inc. Founder & CEO (モデレーター)

space

14:40〜15:20

『米国トップ企業に学ぶ企業価値を上げるためのデザイン』

ビジネスの価値は技術中心からユーザー体験中心へとシフトしています。ユーザーに素晴らしい体験を提供してこそ、初めてビジネスの価値が生まれると言っても過言ではありません。本セッションでは、LinkedIn 村上氏とストライプジャパン ダニエル氏に米国発トップ企業が設計するユーザー体験やアメリカと日本でのユーザー獲得の違いについて話を伺います。

-村上 臣氏 / LinkedIn Country Manager and Head of Product, Japan

-ダニエル・ヘフェルナン氏 / ストライプジャパン株式会社 代表取締役

-多田 亮彦 / btrax, Inc. General Manager (モデレーター)

space

15:35〜16:15

『大企業が挑むイノベーション創出への新たな挑戦』

ユーザーのニーズが素早いスピードで変わる時代で存続するためにいま日本企業に求められるのは、時代に沿った変革です。デザインプロセスを活用して既に新たな領域で挑戦しているエイベックス株式会社 加藤氏とSOMPO Digital Lab 池端氏に現在の取り組みについて話を伺います。

-池端 大輔氏 / SOMPO Digital Lab, Inc. CEO

-加藤 信介氏 / エイベックス株式会社 グループ執行役員 CEO直轄本部 本部長

-Brandon K. Hill / btrax, Inc. Founder & CEO (モデレーター)

space

16:20〜17:00

『デザインセンターに聞くビジネス価値を生み出すデザインとは』

昨今、社内にデザイン部署を設けている大企業が増えており、新規ビジネスの開発においてUXやデザイン思考などを指す広義的なデザインを取り入れる手法が注目されています。本セッションでは、実際にデザインセンターを設置しているヤマハ発動機 長屋氏とコニカミノルタ 平賀氏に話を伺い、新しいビジネス価値を創出するために必要となるデザインについてディスカッションしていきます。

-長屋 明浩氏 / ヤマハ発動機 執行役員デザイン本部長

-平賀 明子氏 / コニカミノルタ グループ業務執行役員 ヒューマンエクスペリエンスデザインセンター センター長

-金子 充孝 / btrax, Inc. Innovation Project Manager (モデレーター)

space

17:05〜17:25

『大企業がイノベーションラボを持つべき理由とは』

昨今、新たなサービスやプロダクト開発を行うために社内にイノベーションラボを持つ企業が増えてきていますが、なぜこのような取り組みが行われているのでしょうか。本スピーチでは、今まであらゆる業界の企業と共にユーザー中心のプロダクトやサービス、エクスペリエンスを創出してきたbtraxのデザインリード、Jensen Barnesがイノベーションラボについてお話致します。

-Jensen Barnes / btrax, Inc. Director of Design and Development

space

17:30〜18:10

『イノベーションを生み出すために日本企業が変えるべき習慣』

日本企業がイノベーションを起こすために今求められていることは何でしょうか。本セッションでは、イノベーションを生み出すために日本企業が今すぐ変えるべき習慣というテーマで、日本マイクロソフト 澤氏が考える持つべきマインドセットや見直したい働き方など、様々な角度から話を伺います。

-澤 円氏 / 日本マイクロソフト 業務執行役員、マイクロソフトテクノロジーセンター センター長

space

■ チケット料金
・カンファレンスチケット(懇親会含) 先着200名様: 12,000円  

※チケット1枚につき、1名様のみご入場いただけます。

※チケット購入後、領収書をダウンロードいただけます。

※カンファレンスのスケジュールは変更する可能性もござますので、予めご了承ください。

space

■ DESIGN for Innovation(DFI)とは?

デザインをテーマにしたビジネスカンファレンス

space

DESIGN for Innovationは、弊社btraxが2016年から運営を始めたビジネスシーンにおけるデザインの重要性を唱えるカンファレンスです。昨年のDESIGN for Innovation2017では「デザインが経営を加速させる」をメインテーマとし、最新のテクノロジー、イノベーション、デザイン、グローバル展開戦略についてのセッションを実施しました。

DFI Conference Photos

space

■ ベニューパートナー

FiNC Logo

■ イベント主催企業

btrax Logo

btrax (ビートラックス) はサンフランシスコと東京に拠点を持つ、エクスペリエンスデザイン会社です。デザインをビジネスに活用する事をミッションにグローバルイノベーション創出の為のサービスを提供しています。当イベントやサービスに関するお問い合わせはmarketing@btrax.comまで。

チケット

Titoの力で